盛岡タイムス Web News   2018年   4月  5日 (木)

       

■  地元食材にこだわり やはぱーく内の888ヤミィ! 地域へ徐々に浸透 店主の藤原さん 念願の開店から半年


     
  矢巾町産の食材にこだわった料理を提供する藤原さん  
  矢巾町産の食材にこだわった料理を提供する藤原さん
 

 矢巾町又兵エ新田のやはぱーく内にあるカフェ「888ヤミィ!」(藤原瑞代店主)は昨秋のオープンから半年がたち、徐々に地域へ浸透し好評を得ている。町内の野菜、大豆を使ったみそなど地場産品を活用したパン料理やパスタなどランチメニューが定番。町の玄関口、JR矢幅駅にもほど近い店構えで、来店者に地元食材の魅力を伝える。

  メーンは町産のシイタケがまるごと入り、他に季節の野菜やチーズが具材になっている焼きサンドイッチ「矢巾パニーニ」、同町の3ちゃん矢次工房で作ったみそを隠し味に使った「凍(し)み豆腐のミーソソースパスタ」など。中心的な食材となる野菜類は、町内の産直「やはば百笑倶楽部」で季節の新鮮なものをそろえる。

  やはぱーく内の図書センターや、子育て世代活動支援センター(どんぐりっこ)の利用者もよく来店するといい、世代はさまざま。卵や乳製品が入らないクッキーなどの菓子も販売しながら、子ども連れでも楽しめる工夫を凝らす。

  店主の藤原さん(44)=同町白沢=は盛岡市出身。大学卒業後、県内外の飲食店で経験を積んだ。昨年3月、やはぱーく内のテナントスペースへの入居者を町が公募していることを知り、応募。昨年9月に念願だった自分の店を開いた。

  藤原さんは「店を持つことは子どもの頃からの夢だった。気軽に寄って、ゆっくりしてもらいたい。親しまれるお店になれば」と話している。

  午前10時から午後6時まで。定休日は水曜、毎月第3木曜。

  問い合わせは藤原さん、電話080―9636―9347。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします