盛岡タイムス Web News   2018年   6月  12日 (火)

       

■  県内も梅雨入り 平年より3日早く


     
  梅雨入りし、葉も花も濡れた状態のバラ  
  梅雨入りし、葉も花も濡れた状態のバラ
 

 仙台管区気象台は11日、東北北部が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より3日、昨年より20日早い梅雨入りとなった。梅雨のないとされる北海道を除き、全国で梅雨入りとなった。盛岡市内では、午前から小雨が降り始め、徐々に本降りとなった。市街地では、傘や雨具を使って雨を避け歩く人たちの姿が目立った。

  同市高松の盛岡高松公園のバラ園では、赤やピンク、白などのバラが見頃。同日は昼前から降り出した雨で、葉にも花にも水滴が付いた状態となった。同園を管理する盛岡市高松公園管理事務所によると、園内には約50種類のバラがあり、7月上旬まで種類を変えて楽しめるという。

  向こう1週間は、前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多い見込み。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします