盛岡タイムス Web News   2018年   9月  21日 (金)

       

■  盛岡ガス 今季から暖房割導入 お得に快適 給油なしで高齢者に優しく


     
  暖房割が適用されるガスファンヒーター。盛岡地域での普及に力を入れる  
  暖房割が適用されるガスファンヒーター。盛岡地域での普及に力を入れる
 

 盛岡市や周辺地域の一部に都市ガスを供給している、盛岡ガス(熊谷松亮社長、本社盛岡市上田2丁目)は、冬期間、暖房使用分のガス料金が割安になる「暖房割(モリガス暖房)」を導入する。灯油暖房に比べて料金が割安な上、給油の手間がなくなるため、重い灯油タンクの持ち運びに苦労していた高齢者世帯などには特にお薦めという。ガス暖房は、都市ガスが普及した地域では一般的で、灯油暖房中心の盛岡地域にも普及を図りたいとしている。

  暖房割はガスメーターの11月から翌年5月の検針分の7カ月間が対象。30分以上連続使用した分のガス使用量のみを抜き取りカウントする特殊メーターを設置し、連続使用分を暖房使用分とみなして暖房割を適用する。暖房割は東北では八戸ガスが実施しているが、県内では初めて。

  使用料金は、ガスレンジ、ガス給湯器の両方を使用している家庭などに多いプラン(1カ月のガス使用量25〜201立方b)の場合、通常、基本料金1124・28円、利用に応じて支払う基準単位料金が1立方b当たり194・6052円。これに対し、暖房割(11月〜5月)は基本料金に231・12円を加えると、連続使用分が基準単位料金115・5600円で計算される。

  同社の試算では、灯油は県内の1〜6月平均価格(89・3円)で18g当たり1609円。都市ガスの持つ熱量を灯油熱量に等価換算すると、ガスは18g当たり1427円。今季は特に灯油価格が高水準で推移する見込みで、お得感はさらに増すという。

  ガス暖房機器は手軽なガスファンヒーターや空気が汚れないガスFF式暖房機などがあり、既に都市ガスを利用している家庭や事務所であれば、半日程度で暖房器を使用する部屋にガス栓を増やす工事が可能。ガス暖房はスイッチを入れて5秒で温風が吹き出すため、短時間で暖まりやすく、ガス漏れや不完全燃焼に対する安全装置も完備している。

  「楽で早く暖まるガス暖房の特徴やリーズナブルさをPRし、盛岡地域にもガス暖房の文化を根付かせたい」と同社の佐々木誠営業部長。同部の小田中欣哉リフォーム課長も「ガスは灯油に比べて価格変動が少なく、心配なく使えるエネルギー。ガスは高いというイメージを払拭し普及を図りたい」と話す。

  モリガス暖房の申し込みは既に始まっており、新料金の適用は10月の検針日以降の利用分から。

  申し込み、問い合わせは盛岡ガス、代表電話019―653―1241へ。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします