盛岡タイムス Web News   2019年    1月   17日 (木)

       

■  より充実した人生に 映像の自分史「終活DVD」 トライアングルカンパニー(盛岡)製作サービスを開始


     
   「終活DVD」の製作サービスを始めたトライアングルカンパニーの上澤淳一代表  
   「終活DVD」の製作サービスを始めたトライアングルカンパニーの上澤淳一代表
 

 盛岡市の映像製作会社トライアングルカンパニー(上澤淳一代表)は、思い出の写真や本人へのインタビューで人生を振り返る記録動画「終活DVD」の製作サービスを始めた。面と向かっては言えない感謝の言葉など、家族や友人に伝えたい思いも肉声で収録できる。「映像の自分史」を気持ちの整理や大切な思い出の分かち合いに役立ててほしいと願う。

  DVDは、生まれてから現在までの写真のスライド動画やインタビュー映像で構成。うれしかったこと、苦労したこと、思い出に残っていることなどを上澤代表(59)が直接、本人に取材し撮影、編集する。写真選びはもちろん、カメラの前で何を語るか、考えをまとめる作業も手伝う。

  製作料金は12万円(税別)から。盛岡広域であれば取材や撮影のための出張料は無料。スタジオでの撮影にも応じる。思い出の写真に音楽や字幕を付けたスライド動画のみの場合は、写真20枚程度で料金7万円(税別)から。

  上澤代表は田野畑村の出身。東京で音響を学び、その後、さまざまな職業を経験した。30歳で岩手に戻り2003年に独立。現在は盛岡を拠点に卒業記念DVDの製作やイベント記録、写真撮影などを手掛ける。自身も還暦を目前にし、シニア世代の役に立つ、喜ばれる仕事をしたいと考えたという。

  「自分がどんな人生を歩んできたか、家族や友人に何を伝えたいか。一度、人生を振り返り整理すると肩の荷が下り、残りの人生をより楽しく、充実して送ろうという気持ちになるはず」と上澤代表。人生の終わりに向けた「終活」も「残りの人生をより良く生きるためのもの。次に進むきっかけになってほしい」と語る。

  高齢者本人からの申し込みはもちろん、年を重ねた家族への贈り物としての活用などもアピールしていく。

  問い合わせはトライアングルカンパニー(盛岡市津志田南3の14の45の401、電話090―7560―1137)へ。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします