2020年
1月18日(土)

おかげさまで創刊50周年

最新記事

岩手の工芸に北欧デザイン 「iwatemo(イワテモ)」県内初展示会 モノラボン 工藤昌代社長 「優れた地場製品を世界に」

2020-01-17

 北欧フィンランドのデザイナーが手掛ける岩手の工芸品を企画・販売する盛岡市本宮のモノラボン(工藤昌代社長、資本金740万円)が17日から、自社ブランド「iwatemo(イワテモ)」の展示会を県内で初めて開く。デザインコンテストで入賞した鉄器のケトル(国内価格3万8400円)をはじめ、昨年発売した鉄器、磁器、木工の全24アイテムを盛岡市材木町のギャラリー純木家具で31日まで披露。もりおか起業ファンドの出資などを追い風に、今後さらに国内外への販売を広げる。
全文を読む

農福商連携で開発 高級ドライフルーツ ローカルイノベーター(八幡平平笠)発売

2020-01-16

 八幡平市平笠のマーケティング・宣伝業 Local Innovator (ローカルイノベーター、工藤豊社長、資本金20万円)が2019年12月、盛岡市のリンゴ農家と二戸市の障害者福祉施設と連携し、無添加の高級ドライフルーツ「TWOP(トゥープ)」(1パック48㌘、税込み880円)を発売した。国内外向けに2種類のデザインを用意し、20年は販売5千個を目指す。生産・加工・販売を一貫するこの農福商連携を継続し、生産者の販路拡大、福祉商品のイメージアップ、障害者の就労意欲の向上を図る。
全文を読む

新年の教室に元気 盛岡市内の各校 青山小で3学期の始業式

2020-01-15

 盛岡地域の公立小学校は14日、20校で3学期始業式が行われた。盛岡市青山の青山小(真壁信義校長、児童594人)でも始業式があり、元気に登校する児童の姿が見られた。教室では冬休みの思い出や3学期の目標を発表し合い、新学期に向けて気持ちを新たにしていた。
全文を読む

過去のトピックス