2009年 3月 12日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉308 佐々木康宏 651系特急「スーパーひたち」

     
   
     
  今回の写真は651系特急「スーパーひたち」。常磐線岩沼〜逢隈にて。

  651系は常磐線の「スーパーひたち」と一部の「フレッシュひたち」に運用される。1989年3月改正で登場し、交直両用の特急電車でJR在来線初の130キロ運転をした。基本編成は3列シートのグリーン車入りの7両編成で、普通車のみの付属編成4両が仙台方に加わる。

  「スーパーひたち」の一部は上野〜仙台を直通する。先頭車のスタイルはこだま型151系(のちに181系)のボンネットスタイルを受け継ぐかのような流麗な形をしている。JR東日本の特急電車で一番かっこいいと思う。シートの座り心地もよく素敵な車両である。これでサハシ(ビュフェ車)があれば完ぺきといえるほど。白い車体で先頭部にLEDの大型表示器を備え、列車名や行き先を交互に表示する。車体すそにミニスカートをまわしたその姿はタキシードボディーとも呼ばれる。

(佐々木康宏)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします