2009年 4月 5日 (日)

       

■ 〈北朝鮮ミサイル〉初日は発射されず 誤報で一時混乱も

     
  県の連絡室で自衛隊などの関係機関との打ち合わせ  
  県の連絡室で自衛隊などの関係機関との打ち合わせ  
  北朝鮮は4日、ミサイルを発射しなかった。このため県は5日以降も同じ緊急態勢を敷いてミサイルの発射に備える。昼過ぎには国からの「ミサイルが発射された」という誤った情報が県内市町村にも回るなど、日本側の緊張感を象徴するトラブルもあった。5分後には「誤探知」だったとして訂正情報が流されたが、滝沢村では既に防災無線で住民に情報提供した後で、予期せぬ予行演習になった。5日も県庁4階の連絡室に自衛隊、警察、消防がそれぞれの持ち場で即応できるよう待機する。

 滝沢村の陸上自衛隊岩手駐屯地、警察機動隊、県内各地の消防本部が出動準備し、テポドンが事故により落下してきた場合に備えていた。駐屯地には自衛隊のヘリ3機、花巻空港に県の防災ヘリなど3機が展開、市町村では担当職員が詰めていた。

  県庁では午前8時過ぎから4階総合防災室に設けた連絡室に職員が詰め、9時からは自衛隊や消防など関係機関と打ち合わせ、市町村への連絡態勢を確認した。午前10時15分にはテレビを通じて「まもなく発射」との北朝鮮当局の発表が放送され一気に緊迫した。

  越野修三防災危機管理監は「だいたい対応できる。予想された通り。10時くらいから発射する可能性が高まった印象だ」と述べ、待ちかまえた。

  テポドン発射の「誤探知」が流されたのは午後0時16分。国と県市町村を結ぶエム・ネットの警報で職員たちが「すわ」と動いたが、21分には撤回され、首相官邸連絡室は「誤報は何らかの理由で飛翔体に関する情報を誤探知したことが原因であると推測される。その詳細については現在確認中。誠に遺憾」とのコメントを発表した。

  越野管理監は「12時16分発射の模様とのことだったが誤探知。過敏に反応というか、こういうこともある。ちょっとした情報でもピリピリしている。どのようなところで誤探知があったか、われわれには知るよしもない」と話した。

  このあとのニュースでは午前中とほぼ同じ情報が流されるだけで、北朝鮮側に進展は見られず、通告の午後4時までに発射されなかった。越野管理監は「4、5人の態勢では足りないので、あすからは総合防災室が全力で対応する」と述べ、5日からは15人ほどに陣容を広げる。

  「誤探知」や北朝鮮の見送りについては「振り回されたという感じもあるが、北の天候や気象の関係もあるのだろう」と注意深く見ていた。「速報は完全性より迅速性の方が大事。遅れて情報を送ってもどうしようもないことがある。完全性を追求するあまり遅れないようにしたい」と述べ、エム・ネットに改めて信頼を置いた。

  宮舘壽喜副知事は「あすも可能性があるので私も駆けつける。11時から4時まですぐ対応できるようにしたい。職員の緊張は続いている」と述べた。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします