2009年 11月 2日 (月)

       

■ 新型インフルで県内初の死者 盛岡の2歳女児

 盛岡市保健所は1日、新型インフルエンザに感染した同市内の2歳の女児が同日午前、死亡したと発表した。新型インフルエンザが原因とみられる死者は県内では初めて。女児は熱性けいれんの既往歴はあったものの、基礎疾患はなかった。

  同保健所によると、女児は10月29日午後8時ごろ39度台の発熱。自宅療養していたが同午後8時半、呼吸が止まっているのに家族が気づき、市内の病院に救急車で搬送した。集中治療室で人工呼吸器を使いながら、抗ウイルス薬リレンザの投与など治療を受けたが1日午前6時20分に死亡が確認された。死因は多臓器不全。女児は27日ごろから熱っぽかったが29日の日中は元気だったという。

  搬送先の病院の簡易検査でインフルエンザA型の感染を確認。30日に県環境保健研究センターで詳細検査(PCR検査)を実施し新型インフルエンザの感染が確定した。

  同保健所の高橋利昭保健予防課長は「感染予防はうがい、手洗い、せきエチケットなど基本の徹底につきる。改めて励行をお願いしたい」と呼び掛けている。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします