2009年 11月 27日 (金)

       

■ 〈よしこさんのおいしい岩手〉11 丸山淑子 鶏の唐揚げ・ねぎたれ

     
   
     
  肉質と味が自慢の岩手の鶏肉。ブロイラーでも皮は薄く、皮下脂肪も少なく、消費者としては、お得感があります。

  香りで生きる鶏肉料理。ネギとショウガのたれをかけ、生のセリといただきます。大きな唐揚げは、肉のうまみが逃げません。レンジにかけてから揚げることで、短時間で揚がります。表面はパリパリ、肉は箸(はし)で切れる柔らかさです。

  【材料 4人分】1人分400`i

  鶏もも肉2枚、A(酒・しょうゆ各大さじ2、ショウガの皮少々、長ネギの青い部分8a)、コーンスターチ大さじ3、セリ1パック、たれ(長ネギみじん切り大さじ5、ショウガみじん切り大さじ3、砂糖大さじ2、酢大さじ3、しょうゆ大さじ4)、揚げ油適量、塩・こしょう各少々

  【作り方】

  @セリは3aの長さに切る。たれの材料を混ぜる。

  A鶏肉は余分な皮と脂肪を切り取り、1枚を半分に切る。皮に切り目を入れ、筋切りをし、身の厚い部分には切り目を入れ、塩・こしょうをする。

  B耐熱皿に並べ、Aをかけて15分おく。ラップをかけてレンジ(500W)に7分かける。粗熱が取れたら、水気を軽く押さえ、コーンスターチをつける。

  C揚げ油を180度(粉を落とすと油の表面で散る)に温め、皮を下にして入れる。両面を返しながら5分揚げ、油を良く切る。

  D器にセリ・Cを盛り付け、たれをかける。

  【ポイント】

  @筋切り&切り目をしっかりする!肉が縮まず、柔らかく仕上がり、味の浸みこみ、火の通りが良いです。

  Aレンジにかける!鶏肉に半分位火が通り、下味もしっかりとつきます。

  【栄養ひと口メモ】

  肉類の中でビタミンAが最も多いのが鶏肉。ビタミンAは、目・皮膚・粘膜を健康に保ち、感染症の予防効果があります。エネルギーの約50%は皮と脂肪に含まれていますが、鶏肉の脂質はオレイン酸とリノール酸です。どちらも、コレステロールの沈着を防ぐ効果がある脂肪酸です。皮は肌や髪に良いコラーゲンが豊富です。物は考えようです。たまにはカロリーなど気にせず、ドーンと大きな唐揚げで体を温めましょう!
  (料理研究家、大迫町在住)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします