2010年 4月 1日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉363 三鉄ファンクラブツアー1

     
  photo  
     
  過日、三鉄ファンクラブツアーで南リアス線浜の生活と岩手の鉄道に触れる旅に参加した。浜の母さん料理の昼食に、岩手開発鉄道の機関区見学と南リアス線運行本部では36型と綱引きをする。鉄分がやや多めの行程だ。乗車した36型もボックスシート増設車、リクライニングシート車、産直列車とバラエティーにとんだものだった。そして恋し浜駅ではホタテの貝殻の絵馬に願い事を書いて奉納と、なかなか楽しいツアーである。登場したばかりのボランティアガイドとアテンダントも乗務し、三鉄担当社員も添乗し、まさにオールスターキャストだ。ボランティアガイドは沿線の見どころや各駅にちなんだガイドをいろいろしてくれる。例えば沿線に黒瓦の瓦ぶきの民家が多いのは、気仙大工の流れをくんでいるからだとか。この日のガイドさんは昔語りもしており、昔話を数本、名調子で披露してくれた。これはいい。まるで観光バスに乗っているみたいで楽しい。
(佐々木康宏)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします