2010年 5月 10日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉69 「HO ! PE タちゃん」 照井顕

 ジョニーと行く穐吉敏子への旅に参加した金本麻里さんは、この3年半、歌手になれるものならなりたいという希望を持って、ジョニーで歌えるチャンスを逃さないことに目標を定めてきた。自分の自由になるほとんどすべての時間を費やして、開運橋のジョニーで起こるさまざまなことを見聞し、体験してきた。

  1年前の09年6月6日・穐吉敏子・ルー・タバキン・ヴィンテージデュオ・コンサート&ディナーの席で、穐吉さん作曲・谷川俊太郎作詞のホープ(希望)を、ギターの大森彰さんの伴奏で歌った。「音程も悪くない、声も悪くない」という評だった。穐吉さんに「照井さんの弟子ですか?」ともきかれた。

  僕はそれをゴーサインと見なし、翌月から金本麻里のヴォーカルがメインのライブを店のスケジュールに組み入れることにした。それまでは、さまざまなバンドで何曲か歌わせて頂くだけの、バンドのおかず的な立場でやらせていたのだが、それは大変な転機となった。

  ジョニーで毎月発行しているライブスケジュールの自分の欄や聴いてほしいスケジュールに、蛍光ペンで線を引き、一人ひとりに手紙を添えて友人知人、ファンに毎月きちんと郵送する。するとどうだろう。一生懸命な娘だね。応援に行くから。聴きに行くからね。と集まって来て歌を聴いては感動して帰る。

  演奏はもちろんですが、集客にもまめで真剣にファンを大切にすることを実践している。ドラマーの岩泉大司さんに並ぶ、店のトップクラスとなった。

  穐吉敏子への旅の時、「夢の舞台・穐吉さん宅のホームパーティ」で、ホープを日本語と英語の両バージョンでアカペラで歌った。穐吉さんの夫・ルーさんからは、以前に言われた「ホープガール」「ホッペガール」から、今度はもう一つ「ホッペタちゃん」と親しみを込めて話しかけられ、心を許してもらえたことは何ものにも替えられぬ喜びであったと思う。

  麻里はホープを歌い始めてからこれまで、人前で歌を歌う時、この歌を歌わなかったことはない。必ず歌う。穐吉さんの「希望」の意志を継ぐ決意は相当固い様だ。

  (開運橋のジョニー店主)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします