2010年 6月 21日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉75 照井顕 美大生のジャズレポート

 多摩美術大学の3年生だという千葉史教君が、今年の正月(10年1月3日)、母裕子さんと2人で、開運橋のジョニーへやってきた。

  話によると、学校で授業中に音楽が聴ける選択科目があって、それを担当している中村寛さんという美術の先生に出された課題のために来店したとのこと。課題とは、ジャズ喫茶やジャズスポットといったジャズの現場に出向いて、そこで見聞したことなどをレポートにして提出することなのだという。

  実家のある盛岡のジャズ喫茶を、インターネットで検索したら「開運橋のジョニー」が一番最初に出て来たし、聞けば有名な店らしい、というのが来店の動機だった。

  ちょうど4カ月後の5月3日、その時のレポートコピーを、彼の母が、わざわざ届けに来てくれた。

  それによれば「店内には穐吉敏子さんの“ロング・イエロー・ロード”が流れていた。彼女は80才にもかかわらず、今なお現役で世界各地を飛び回っている。かつて大学の講義で穐吉さんの映像を見せられたことがあり、着物でピアノを弾く姿が印象的であったが、アメリカで、日本のジャズのパイオニアとして、ジャズの道を歩むという決意が伝わってくる映像だった」と。

  次に流れた「孤軍」では「日本とジャズが合わさった独特な曲。日本人でしか生み出すことができない曲だと感じた」「日本人の心を揺さぶる尺八の音。実はそれはフルートだったという驚き(渡米50周年日本公演のCDを聴き)日本人にしか創れない音楽があるということに気付いた今、ジャズに対する見方が広がった」とある。

  「夜も深まり、馴染みの客が増えて来たころ、盛岡で活躍している細川茂雄さんと金本麻里さんが来て、マスター・照井さんの一声で特別に演奏してくれた。初めて聴くベースとボーカルのデュオ。特にも日本語と英語の歌詞が付いている穐吉さん作曲の“ホープ”の歌声が、心と体に響いた。自分と照井さんとの2時間、ジャズについての思いを共有できたことは、これから音楽を聴く上での宝になるだろうと思った」。ありがとう!ね。
(開運橋のジョニー店主)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします