2010年 7月 22日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉378 日本海

     
   
     
  特急「日本海」は大阪〜青森間を運転するブルートレインだ。ヨンサントウ(昭和43年10月)ダイヤ改正で同名の急行から特急格上げの形で登場。現在残っている寝台特急では最も歴史が長い。

  当初は20系が使用され、のちに14系化、現在は24系で運転されている。臨時列車として583系寝台電車の運用実績もある。14系座席車も使用されたことがある。2往復運転されていたこともあり、1往復は函館乗り入れをしていた時期もある。

  現在の「日本海」は1往復で個室寝台の連結がなく、国鉄時代の寝台特急のスタンダードな姿を現代に伝えるかのような感じだ。A寝台はオロネ24形という個室ではない開放タイプの車両で、現在では「日本海」だけにみられる貴重な車両だ。撮影地点は定番中の定番、奥羽本線白沢〜陣場にて。けん引機のEF81はローズピンクの原型タイプの色のカマがやってきた。
(佐々木康宏)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします