2010年 7月 30日 (金)

       

■ 〈よしこさんのおいしい岩手〉46 トウモロコシのひまわり蒸し 丸山淑子

     
   
     
  米・小麦と並び、世界の3大穀物のひとつトウモロコシ。世界で生産されているトウモロコシの99%は穀類です。大別すると4種類。トウキビと呼ばれるフリント種(トルティーヤ用など)。飼料になるデント種。ポップ種(ポップコーン用)。そして、残り1%のスィート種。最近は糖度15度以上のスーパースィートコーンも登場しています。穀類のトウモロコシが突然変異で野菜の道を歩き始め、今度は、果物の道を歩き始めるかもしれませんね。「スーパー」がつかなくても、採れたては甘くて柔らかく美味です。鮮度が落ちやすい野菜なので、産地が見える所に住んでいる私たちはラッキーです。

  トウモロコシの甘さ・粒々食感と鮮やかな黄色が楽しい一品です。鶏ひき肉に加えたみそが、トウモロコシの甘さを引き立てつつ、おかずにもなる塩分を補ってくれます。

  【材料 4人分】1人分272`i

  トウモロコシ2本、かたくり粉大さじ2、A(鶏ひき肉350c、卵1個、タマネギ1/4個、みそ小さじ1、かたくり粉大さじ1、中国風顆粒だし・こしょう各少量)、からし・しょうゆ各少量

  【作り方】

  @トウモロコシは、レンジ(500h/ラップあり)に1分かけ、粗熱が取れたら、軸に沿って包丁を入れて実をはずし、かたくり粉大さじ2を混ぜる。

  AボウルにAを入れ、よく混ぜる(かなりトロトロ状態)。耐熱皿に入れ、厚み2a位にのばし、@を表面全体にのせ、手のひらで押さえる。

  B蒸気の上がった蒸し器(強火)で15分蒸す。*または、レンジ(500h・ラップあり)に15分かけ、そのまま5分位置き、ラップをはずす*

  C小皿に取り分け、好みでからし・しょうゆを添える。

  【ポイント】

  @トウモロコシはレンジにかける!→生だと実が飛び散ります。

  Aひき肉はトロトロで!→蒸すと、ひき肉が締まります。

  【栄養ひと口メモ】

  トウモロコシは、有用菌を増やして腸内環境を整える、不溶性食物繊維が豊富です。ビタミンB群(特に葉酸・B1・B2)も多く、疲れを取る効果もあります。季節感のあるトウモロコシをいただきながら、夏バテ防止にも役立つなんて!自然の仕組みは、本当に良くできていますよね。
  (料理研究家、大迫町在住)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします