盛岡タイムス Web News 2010年 10月 5日 (火)       

■ 後任に元持氏を推薦 盛岡商工会議所の永野会頭が勇退表明

     
  退任の表明をする永野勝美盛岡商工会議所会頭  
 
退任の表明をする永野勝美盛岡商工会議所会頭
 
  永野勝美盛岡商工会議所会頭(75)は4日、同会議所常議員会の席上、自身の年齢や手掛けた事業の中に一定の成果が出始めたことなどを理由に任期満了となる今月末で退任の意向を表明した。次期会頭候補として「経営力と人望がある」などとして岩手トヨペットの元持勝利社長(67)を推薦した。永野会頭は退任後顧問として支援したい意向も示した。

  同日の会議には常議員22人が出席した。議案審議終了後、永野会頭は会見に応じ、退任理由として「自分としては一生懸命に力を注いだ。しかし私も75歳で後期高齢者に属する年。老害にならないよう退任を決意した」と、自身の年齢を挙げた。

  「1期3年だったが地産地消の推進、地域循環型経済の必要性、実業家らとの具体的な観光振興の施策推進、国際リニアコライダー誘致活動、総合特区構想の実現などに全力で着手。小岩井農場全部の開放、どんど晴れの台湾での放映など少しずつだが目鼻が付いてきた」と、退任までに一定の成果が出始めた点も挙げた。

  元持社長を推薦する理由としては「私も含め金融機関から4人連続して会頭職に就いている。私は以前から商工人中心の組織である会議所は自由闊達(かったつ)な議論のためにも商工人が会頭になるべきと考えてきた」と、金融機関以外の人選を考えてきたことを明かした。

  そのうえで「元持氏は経営の第一線で力を発揮している。商工人と同じ目線で会議所のために力を発揮してくれよう。県公安委員長も歴任しており品性高潔で人望もある」と推薦理由を述べた。

  永野会頭は「元持氏を後任候補とすることに関しては正副会頭会議で現在の4人の副会頭にも理解を示してもらった。4人の副会頭も残り、やがてはその中から会頭をやってもらいたい。いずれ私も要望があれば顧問としてできる限り力になりたい」と話した。

  臨時議員総会は11月1日午後3時から開催される。この場で会頭を選出することになる。議員からほかに推薦候補が出るかどうかはまだ不明だ。副会頭と専務理事の選任同意、常議員と監事の選任を行う。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします