盛岡タイムス Web News 2010年 10月 20日 (水)

       

■ 〈過ぎ去りし日〜北上山地の写真帳〉25 馬の水浴び 横澤隆雄

     
  昭和62年ごろ、遠野市附馬牛町にて  
 
昭和62年ごろ、遠野市附馬牛町にて
 
  遠野で出会った馬方の北さんは、馬と共に山から材木を搬出する「地駄引き」と呼ばれる仕事をしていました。

  山では一瞬たりとも気の抜けない危険な重労働の連続でしたが、仕事が終わると馬をとても大事にしている北さんでした。寒い季節には大きな釜でお湯を沸かして馬の体を丁寧に洗って休ませ、暑い季節には水浴びを喜ぶ馬を川に連れて行き、馬が満足するまで川遊びをさせていました。

  馬は、ゆっくりと川の中を散歩するのですが、北さんに水を浴びせられるととても心地良さそうな表情になり、山の仕事で火照った体を静かに冷ましているようでした。ときには深みで泳ぐこともあり、馬が泳ぐことを知ったのはこの時が初めてのことでした。

  いつまで馬の水遊びに付き合っているのだろうと思い始めたころ、北さんに言われるまでもなく馬は川から上がり家に向かって駆け出しました。十分に体を冷ましお腹をすかせた馬は、家に帰ればごちそうにありつけることをちゃんと知っていたのでしょう。
(紫波町在住)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします