盛岡タイムス Web News 2010年 11月 22日 (月)

       

■ 〈トシコズ・ドリーム〉95 照井顕 プライベート・インタビュー

 ジャズピアニスト・穐吉敏子の基本スタイルは「ビーバップ」。ジャズの巨人と言われるチャーリー・パーカー(サックス奏者)やディジー・ガレスビー(トランペット奏者)が創り出したもので、メロディーの構成が理論に基づいたものだが、理論よりメロディアスなアプローチを多用し、社会的にも一連一体化した流れのジャズの頂点。

  「ジョン・ルイス(ピアニスト)が言ってたけど、そのビーバップジャズにオーケストレーション。つまり、ビックバンドで不変的なものを持ち込んだってのは、どうやらわたし(敏子)らしい」。また、ビーバップはクロマティックアプローチ(バッハによく似ている)なのだとも。

  「昔は自分の音楽があった。最近、演奏者の区別がつかない。わたしの弾き方ってのはピアニマティックをどう処理するか!右と左のコードネイションをキープして、右でインプロヴァイスするの。そういうプレイそういうスイングするのを嫌う人もいます。でもわたしは気にしない。ビーバップはスイングしないって言った評論家が居た。だからスイング感って人それぞれ、いろいろあると思うけど「スイングしなけりゃ意味がない」原則的にはそれが母体になっている」。

  穐吉さんのオーケストラ曲のとらえられ方を聞いてみたら、「わたしの演奏は世界中どこでも同じだが、国柄によって好みはある」のだとも。

  「イギリスだと伝統的なものが好まれるから、わたしのは前衛だ!ドイツはアバンギャルドなものすごい所だから前衛じゃない!イタリアでは全然モダンじゃない!と新聞でたたかれた。でも、それはわたしとは全く関係ないことなの。呼んでくれるところで自分の音楽を演って、喜んでもらえればうれしい。でなければ仕様がない。わたしは職人じゃなく芸術家だから注文によって演奏することはしない。作品とプレイは同じじゃないといけない。チックコリア(ピアニスト)がわたしの曲を弾いたらわたしになっちゃったってガックリしてた…」。

  この話は87年8月、僕がプライベート・インタビューした時の抜粋です。
(開運橋のジョニー店主)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします