盛岡タイムス Web News 2011年 1月 14日 (金)

       

■ 呼び込め披露宴 盛岡市内3ホテルが合同でプロジェクト

     
  高橋三男盛岡グランドホテル専務、弭間俊則ホテルメトロポリタン盛岡社長、室田義男ホテル東日本盛岡社長(左から)  
 
高橋三男盛岡グランドホテル専務、弭間俊則ホテルメトロポリタン盛岡社長、室田義男ホテル東日本盛岡社長
(左から)
 
  開業30年を迎えるホテルメトロポリタン盛岡(盛岡市盛岡駅前通、弭間俊則社長)、同31年のホテル東日本盛岡(同市大通3丁目、室田義男社長)、同45年の盛岡グランドホテル(同市愛宕下、絹田辰雄社長)は13日、「確かなウエディング」宣言を掲げ、合同プロジェクト「盛岡ホテルウエディングプロジェクト」を開始すると発表した。第1弾として3ホテル共同のブライダルフェアを実施し、ホテルの総合力を発揮しながらホテルウエディングの良さをアピール。全国チェーンのブライダル専門店との差別化を打ち出し、ホテルでのウエディング利用の喚起を促す。競合ホテルの合同プロジェクトは全国初。

  3ホテルは23日午前10時から午後4時まで、「美・食・楽」をテーマにMHGホテルウエディングフェスタを開催する。Morioka・Hotel・Gather(集結する)の意味で、3ホテルの頭文字にもなっている。

  ホテルメトロポリタン盛岡では新作衣装による「美ウエディングファッションショー」(盛岡レンタルコスチューム協会協力)を開催。ホテル東日本盛岡では3ホテルの総料理長が集結し「食グランシェフザ・ライブ」として、ホテルウエディングメニューの試食、ライブパフォーマンスを行う。盛岡グランドホテルでは「楽ウエディングカフェ」として、3ホテルオリジナルスイーツ試食やケーキのデコレーション・ネイルアート体験などを行う。すべて無料で予約不要。

  ホテルメトロポリタン盛岡ニューウイングで同日開かれた発表会には、弭間社長、室田社長、盛岡グランドホテルの高橋三男専務が出席。プロジェクトにかける各ホテルの意気込みなどを語った。

  弭間社長は「ホテルウエディングの良さを認識してもらうための新プロジェクト。県内広域からお客を集め、何とか活性化を図りたい」と述べた。

  そのうえで「3ホテルは30年以上が経過し2万組を超えるウエディングを担当し確かな歴史を積み重ねた。ホテルには宿泊、レストランなど多様なサービスを提供するプロスタッフがおり、確かなおもてなしもしてきた。ゲストのラウンジでの疲れの癒やし、家族一緒に宿泊し感謝の気持ちを伝える夜など確かな時間も提供している。地域とともに歩むホテルとして確かなウエディングを提供したい。第1弾の成果を踏まえ、次のプロジェクトを検討したい」と宣言内容を紹介しながら意気込みを語った。

  室田社長は「ホテルならではのもてなしがある。当ホテルでは食やおもてなしに力を入れているが、当プロジェクトの実施でさらに付加価値を付けたい」と力を入れる。

  高橋専務は「盛岡では年間、約3千組が婚姻届する。ウエディングパーティーを行うのは約6割。セレモニーの人生における意味合いも普及させながら何とか多くのカップルにホテルでのウエディングを行なってもらいたい」と話していた。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします