盛岡タイムス Web News 2011年 7月 24日 (日)

       

■ 〈写真集「南部馬の里」馬と人を見詰めて〉13 遠藤広隆 カラス

     
  photo  
     
  馬の背にカラスが止まっている光景をたまに見る。近寄っていくとカラスは飛び去ってしまうのだが、下北半島尻屋崎のカラスは違った。近寄っても逃げないのだ。

  カラスの目当ては馬に寄ってくる虫らしい。周囲をいつも観察している風だ。馬のほうは背中のカラスを気にとめる様子がない。

  アブなど吸血性の虫にとって馬は格好の獲物。しっぽを振り回すぐらいしか対抗手段がない。アブにまとわりつかれている馬は傍目にもかわいそうなものだ。それをカラスが捕ってくれるとしたら、感謝してもいいのだろう。

  カラスのせいで虫が近づいてこないのか、馬はそよ風を浴びて気持ちよさそうだ。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします