盛岡タイムス Web News 2011年 7月 30日 (土)

       

■ 〈アートは元気の素〉4 えいこ・いのうえ おいしそうなお月さま

     
  photo  
     
  被災地のニュースで、二人の子どもさんは保育園で避難していて無事だったが、お母さんが流されてしまったというおうちのお父さんが、夜空に子どもたちを連れ出して「いちばんきれいな星がお母さんだよ」と子どもたちに話しているという記事には涙してしまいました。

  そこで今回は「お月さま」を取り上げてみました。お月さまにはたくさんのお話があって子どもたちも大好きです。

  オバマ大統領ご推薦の「グッドナイト ムーン」はイラストがいい。評論社のフランクアッシュのシリーズもいい。

  先日はお月さまの絵本を探しに市立図書館へでかけた。するとあった!

  セーラー出版の「お月さまってどんなあじ?」です。画面の素材が和紙みたいで楽しそうだしおいしそうと借りてくる。

  ブレーメンのようなお話なんだけどページごとのお月さまの軽い裏切りが最後まで読ませる。

  気を抜いているお月さまをパリッ!とネズミが、かじってしまう。おいしかったねとみんな!軽い裏切りは大人にもうける。

  翌日近くの八百屋さんで「しょうゆせんべい大助」をみつけました。そこでおいしそうなお月さまをつくってみることにした。目はのり。頬は赤ワインとカリンのシロップなんて具合につくってみました。お話を食べる感じでおいしかった。

  わたしも子どもの背丈ほどのお月さま(三日月)のぬいぐるみに目をつけて鼻をつけてつくってあげたことがある。そのときのお月さまを子どもたちは大好きでした。

  (盛岡市松園、児童画家)

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします