盛岡タイムス Web News 2011年 10月 13日 (木)

       

■ 〈風まかせ〜鉄道さんぽ〉442 鉄道フェスティバル

     
   
     
  宮城野改め仙台貨物ターミナルを会場に2日開かれた東北鉄道フェスティバルに鉄道の日切符を利用し友人と出かけた。盛岡5時27分発一番列車1522Mで出発。ロングシートの701系2両編成だ。一ノ関では6分の接続で7時発522M仙台行きに乗り換え。一ノ関駅2番線に着いた1522Mから1番線の522Mへ跨線橋を上下する。

  522Mは719系の運用でセミクロスシート。ボックス席に陣取る。

  仙台から仙石線の205系に乗り換え。205系は山手線などからの転用で経年20年以上だが古さは感じない。国鉄型らしい堅実なつくりだ。

  宮城野原で下車。この駅の発車メロディーは楽天イーグルスの応援歌だ。Kスタ前を通り会場へ。友人は特売のスキーリフト券がお目当て。筆者は発生品のED751030のスピードメーターなどを購入。福沢諭吉さんが数人ふっとんだと書いておこう。(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします