盛岡タイムス Web News 2011年 10月 20日 (木)

       

■ 〈風まかせ〉443 花輪線全線開通80周年記念号

     
   
     
  「花輪線全線開通80周年号」が10月8〜10日盛岡〜鹿角花輪に運転された。車両はKenji3両編成を使用。盛岡〜好摩はIGRに乗り入れた。

  花輪線は1920年に好摩〜平館で着工し1922年に同区間が開業、順次延伸し1931年10月に田山〜陸中花輪、現在の鹿角花輪が開業し、今年で全通80周年を迎えた。

  運転初日は盛岡駅4番ホームで出発式があり、盛岡駅長の発車合図で発車。エンジンをうならせ排煙を出しながら発車。ヘッドマークには花輪線、全線開通、80周年号の文字が交互に表示された。

  8日は盛岡駅前滝の広場で盛岡駅まつりも開催され、沿岸部からの出店ではサンマのみりん干しやホッケなど海の幸、菓子や焼きそばなどがずらり並び、サンマの塩焼きの煙が舞う。三鉄やジャスターの出店では鉄道グッズを購入した。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします