盛岡タイムス Web News 2011年 11月 13日 (日)

       

■ 創業・新事業を支援 いわて産業振興センターがファンドから助成金

 いわて産業振興センターは12月5日まで、第9回いわて農商工連携ファンドと第12回いわて希望ファンドの地域活性化支援事業を公募している。いわて農商工連携ファンドは中小企業者と農林漁業者の連携体が行う創業や新たな事業展開などへの支援を行う。いわて希望ファンドは創業、経営革新、中心市街地活性化に向けた取り組みなどについて助成金交付による総合的な支援を行う。

  いわて農商工連携ファンドは▽県内の中小企業者と農林漁業者の連携体▽中小企業以外で県内のNPOなどと農林漁業者の連携体−が対象。助成の対象経費は市場調査・動向調査、新商品・新技術・新役務の開発または事業化、販路開拓、人材養成など。助成率は2分の1以内(沿岸および県北広域振興局管内は3分の2以内)。助成限度額は500万円で、助成期間は1年間(毎年審査で継続3年以内)。

  いわて希望ファンドの事業メニューは起業・新事業活動支援事業、中心市街地活性化支援事業の2つ。起業・新事業活動支援事業は創業する者・中小企業者・NPO法人・農事組合法人などが対象者。このうち地域資源を活用する事業にかかる地域資源活用枠は、助成率が2分の1(沿岸および県北広域振興局管内は3分の2)、200万円が助成限度額、助成期間1年間(毎年審査で継続3年以内)。創業者が取り組む事業または経営革新計画の承認を受けた事業にかかる起業・経営革新枠は、助成率2分の1、500万円が助成限度額、助成期間1年間(毎年審査で継続3年以内)。

  中心市街地活性化支援事業は▽中心市街地の活性化に関する法律第15条第1項各号に掲げる者▽小売り・サービス業を営む県内に住所のある中小企業者など▽商工会、商工会議所、商店街振興組合、事業協同組合▽知事が適当と認めるNPO法人−が対象者。助成率は10分の9、200万円が助成限度額、助成期間は1年間(毎年審査で継続3年以内)。

  各事業は2012年1月中旬の審査委員会を経て、同2月の交付決定から1年間が事業実施期間となる。問い合わせは同センター新事業・研究開発グループ(電話631−3824)まで。

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします