盛岡タイムス Web News 2012年 6月 5日 (火)

       

■ 〈詩人のポスト〉 「ごめんね」 かしわばらくみこ

(テレビは金環日食を待つ人々の群れ)

トーストのブルベリージャムの粒を数える速度に
節(ふし)がつく
昨日、歩道に響いた子どもの叫び声
「ごめんなさーい」のリフレインで
訊(き)いてくる
あなたの「ごめんね」を聞かせてと

翅をむしったトンボに
割ったお皿に
ともだちや家族……
カードにして並べたら
紙が靴を履いて家を出てしまう
それぐらい

(画面いっぱいに東京スカイツリーと秒刻みの金環日食)

あっ まだある
子育てにはじゃまとばかりに
つけてはずして
何処かへいってしまった
結婚指輪

宇宙飛行していたなんて
節くれだった指にはもう合わないからと
あんなにおおきく輪を描いている

表はどこまでも青い空
頭上にかざした薬指の金の輪が
欠けないうちに
大切にしないで
無くしたことさえ忘れていて
「ごめんね」とつぶやく
ほんとはね
あの子のように叫びたかったよ
若葉を翻すくらいのおおきな声で

 


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします