盛岡タイムス Web News 2012年 6月 21日 (木)

       

■ 〈風まかせ〉478 SL銀河ドリーム号その1

     
   
     

 「SL銀河ドリーム号」が釜石線を走った。蒸気機関車の代名詞デゴイチ、D51498が12系客車を牽引し、北上〜釜石間に運転された。SLが走るのは一大イベントだ。撮影仲間を誘って機材を積み込み撮影に出撃。SLの場合は煙が出そうなところを選んで撮影する。上り勾配や駅の発車直後が煙を期待できる。こういう場所は当然ながら同業者(レールファンは同好の士のことをこう呼ぶ)が集中するので、思うように構図がとれないこともある。煙が上がることを考慮して、縦位置の構図をとることもある。数時間待つのは普通で、なかには前日から待つ人もいる。目の前を通過する数十秒間の撮影のため、ひたすら待つ。待つのも楽しみの一つではあるが。やがて遠くから汽笛が響いてくる。煙を噴き上げデゴイチがやってきた。フレームイン、連写モードで無我夢中でシャッターをきる。縦位置、正面アップ、爆煙だ。
(佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします