盛岡タイムス Web News 2012年 7月 31日 (火)

       

■ 〈新幹線開業前夜の列車〉27 山田線貨物列車 佐々木康宏

     
   
     
  かつては支線区でも貨物列車が運転され、貨物取り扱い駅が多かった。旅客ホームの他に貨物ホームを持つ駅も多かった。また、さまざまな形式の貨車で組成された編成であった。タンク車、有蓋車、無蓋車など連ねていた。

  写真は盛岡を発車して行くDE10けん引の山田線の貨物列車。写真中央の無蓋車に網を付けた車両は木材チップを運ぶ貨車(写真では積み荷のない空車の状態)で、山田線ではよく見られた。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします