盛岡タイムス Web News 2012年 10月 11日 (木)

       

■ 〈風まかせ〉494 由利鉄黒沢駅のかかし

     
   
     

 由利高原鉄道のYR1500型最後の3両連結運転を撮影に訪問したとき、由利鉄の各駅では、かかしを展示していた。このうち黒沢駅では設置スペースが広いため20体ほど、ずらりとかかしが並び発着する列車を迎えていた。黒沢駅はちょうど駅の辺りで線路がカーブしており、今回の写真は構図の手前にかかしを入れて、かかしにピントを合わせ、その後ろに列車を配置し、列車の方はピントをぼかして撮影をしてみた。大勢のかかしたちでにぎやかな雰囲気だ。ここのかかしはオリンピックを題材にしたそうで、重量挙げかかしや日の丸を掲げたかかしがいた。黒沢駅は由利鉄の撮影ポイントの一つで、駅前に生えている松とイチョウの大木を入れて、カーブしたホームと列車を組み合わせると、とてもよい雰囲気の写真が撮れる。
           (佐々木康宏)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします