盛岡タイムス Web News 2012年 12月 3日 (月)

       

■  3年3カ月ぶりの総選挙 あす公示 民主分裂、復興など課題山積

 第46回衆院選は4日に公示される。本県4小選挙区には5党の16人が出馬を予定。1区が5人、2区が3人、3、4区が各4人と予想される。11月16日の解散から各陣営は短期決戦に臨む。前回県内で議席を独占した民主党が7月に分裂し、第三極争いで新党が離合集散する中、公示直前まで各選挙区の構図が固まらなかった。情勢は選挙戦でも日々激しく変動すると見込まれる。東日本大震災津波からの復興のほか原発政策や消費増税、TPP、外交・安全保障など山積する重要課題への対応について、各党と候補者が訴え国民に信を問う。投票は16日。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします