盛岡タイムス Web News 2013年  6月  18日 (火)

       

■  JR山田線で社会実験 盛岡駅─上米内駅 活性化へ上下各2便増 9月から2年半 1日200人上積みで定期化

     
  社会実験で上下各2本が増発される山田線(上盛岡駅)  
  社会実験で上下各2本が増発される山田線(上盛岡駅)
 


  JR東日本盛岡支社と盛岡市は17日、山田線の盛岡―上米内間に上下各2本を増発することを発表した。9月末から2016年3月末まで2年半、社会実験として取り組み、山田線を活性化する。現行の同区間は上下各6本を運行している。利用者から夕方のダイヤ増発を求める声が寄せられ、日常の足としてレールの活性化を求める市民の運動もあった。社会実験の結果、1日200人の上積みがあれば、増便を正式にダイヤに組み入れる。

  増発するダイヤは盛岡駅午後6時10分、同8時39分発の下り2本、上米内駅同6時29分、同8時59分発の上り2本。下りは上米内駅まで14分、上りは盛岡駅まで15分で運行し、上盛岡駅、山岸駅に停車する。

  増発によって盛岡駅発の下りは既存のダイヤと合わせると午後4時32分から同8時39分までの間に4本、上米内駅発の上りは同5時45分から同8時59分までの間に4本となり、通勤通学の帰宅の足の利便性を上げる。

  上米内駅では岩手県交通の協力でバスの運行改善を図り、列車利用者のための無料駐車場を設置する。

  JR東日本盛岡支社運輸部輸送課の高山城嗣副課長は、「朝のダイヤは足りていたが、夕方のダイヤが少なくて利用しにくいという声があり、増発する。ダイヤ改正には間に合わなかったので、盛岡市との社会実験で取り組む。1日200人の増加があれば、その後のダイヤにつなげたい」と話す。

  盛岡市交通政策課の菊池巧課長補佐は「山田線増便についてはJRにこれまで求めてきたし、市の総合交通計画の中では都市部の交通として活性化する考えがあった。盛岡市として利用促進策を講じ、バスの利便性と合わせて活性化したい」と話した。


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします