盛岡タイムス Web News 2014年  3月  25日 (火)

       

■  〈詩人のポスト〉 「今年、初めて雨が降った日」蟹澤小陽子



寝ぼけ眼で曇天を観ながら
昨日の夜に買ったばかりの
ピアノ勝ちなジャズのCDに
のんびりと耳を傾けていた
今年、初めて雨が降った日

曇り空からいくつもの雫が
落ちてくる様を、煩わしい
などとは思わずに、むしろ
高揚感を覚えてしまった
「雪が解けたら春になる」
ということを、身をもって
理解しているからだろう

アップテンポなピアノの音
なんて相応しい音色だろう
静かに粛々と、土に染みて
既に氷と化した雪の上にも
一滴一滴丁寧に落ち馴染む
雨粒を、心は歓迎していた

厚い雲の下で幾重も重なり
落ちて行く雨の音はきっと
春という季節の音符なのだ



本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします