盛岡タイムス Web News 2014年  6月  6日 (金)

       

■  〈潮風宅配便〉202 草野悟 実は大ファン、宮古市長


     
   
     

 とても悲しい事件が起こりました。「信じられない」というのが大方の気持ちです。AKB48は、とにかく一人ひとりが一生懸命、被災地応援を続けています。深く心に傷を負った沿岸の若者、あるいはお年寄りまで多くの人たちが救われてきました。三陸鉄道の恋し浜駅のホタテ絵馬も盗まれました。本当に嫌な事件が続いています。

  宮古市の山本正徳市長は年中多忙です。いつ休んでいるのかなと思えるほどスケジュールがびっしりと詰まっています。facebookにも投稿していますので、近況は随時見ることができます。震災後のご活躍は皆さま周知の通りです。この山本市長は、三陸鉄道の応援者でもあります。というか半端じゃなく震災後の復旧にご尽力いただきました。小太りの体を揺すり、のしのしと精力的に闊歩(かっぽ)しています。

  先日、鳥取県知事の平井信治さんが三陸鉄道にご乗車されました。なかなかのイケメンです。お迎えはわれらが達増知事と山本市長、そして三鉄の望月社長です。和気あいあいの会話が進んだようで、皆さん三鉄を降りたときは笑顔笑顔。「素晴らしい体験をさせていただきました」と鳥取県知事さんが三鉄社員にごあいさつ。そしてお見送りをした後の山本市長です。三鉄駅前には、AKB48からプレゼントされた顔出し看板があります。「市長、記念撮影、顔出して」と周囲が叫ぶと「やだよ俺。こんなの恥ずかしいだろう」と言いながら自ら進んで顔出ししました。このうれしそうな顔、決して「やだよ」じゃないんですね。顔出しの丸が大きいので、小顔に見えるのはご愛嬌(あいきょう)です。何ともかわいらしい笑顔の市長さんとなりました。

  明るく前向きに、そして復興には誰よりも真剣に、真摯(しんし)に取り組む市長です。JR山田線の再開にも全力です。山本市長もAKB48に癒やされている一人です。間違いなく大ファンです。どうかAKBの皆さん、また来てください。おじさんパワーでしっかりガードさせていただきます。
(岩手県中核観光コーディネーター)


本ページ掲載内容の無断転載を禁じます
ホームページに関するお問い合わせ、取材に関する情報は
E-Mail:hensyuu@morioka-times.com
盛岡タイムス宛てにお願いします